未来の食卓菜園の様子(4月)

こんにちは!みみずです。

未来の食卓研究会から経過報告です!
3月末に行った未来の食卓菜園づくり連続ワークショップ(第1回)の後、
「芽は出たかな~」
「大きくなったかな~」
と気になって何度か見に行きました。
こちらはその時の様子です。

未来の食卓菜園1.JPG
上は4月4日の写真です。
奥に菜園の世話人(農園主の梅本さん)が立っています。
写真を見ると落葉がしきつめられて広葉樹林の林床のようです。
そこからホウレンソウやレタスが顔を出しています。
未来の食卓菜園2.jpg
こちらはワークショップで作った畝(奥から2番目のハウス)の野菜たち。
こちらも1つのベッドに混ぜ混ぜになって野菜が育っています。
落葉はみんなで通路に敷き詰めたんですよね。
未来の食卓菜園3.jpg
みんなで手まきした畝のアップショット。
種まきから22日目(4月19日時点)です。
順調に育っているようです。
手前がホウレンソウ(本場がYの字になって空に向かっています)かな。
今頃(5月3日)野菜たちはすくすく大きくなっています。
次回ワークショップもりもり編 12日(土)で大きく育った野菜たちとまた会いましょう!
お楽しみに!
文責:みみず

生産林化を目指して資源化した元放置竹林

その後、どうなっているか定期的にモニタリングしています。

論より証拠。
写真でお楽しみください。
場所:京丹後市峰山町内
管理開始年月:H23.10
放置竹林峰山町内.JPG

放置竹林峰山町内2.JPG


こちらは冬に撮った写真です。整備していない隣の竹林(写真上)はきれいにお辞儀していました。
整備した竹林(写真下)はご覧のとおりです。
立竹密度の違いだけで出た差です。
畑と同じく間引き管理は大切なんですね。
雪が降ってやせた土質の多い丹後の場合、ことごとく上の写真のようになりますのでご注意ください(特に人家の裏に放置されて5年以上経った竹林がある方)。
放置竹林峰山町内3.JPG
上は5月現在の様子。
今年はどこも筍がたくさんあがっているそうですが、隣の放置竹林と比べたら差は歴然。
地元のHさんも「今年はよ~けあがっとるでぇ、もうなんぼんもぼったで」とのこと。
それでもまだまだ出てきます。
私たちも4本ほど掘ってその日のうちにゆでて焼いて旬の香りと味を堪能しました♪
放置竹林峰山町内4.JPG
元気のいい筍です。
もちろん細いのもあり、いろいろです。
(今春は昨年整備した結果は日当たりがよくなったくらいのもので、そんなに結果に表れているとは思えません。竹を粉砕して作っている竹たい肥(熟成中)をまいて来年がどうなるか、ですね。)
放置竹林峰山町内4.JPG
たい肥まきは6月上旬と9月頃を予定しています。
文責:みみず

菜園作りワークショップ開催しました!

こんにちは! 
エコネット丹後 未来の食卓研究会の 中西です

先日、未来の食卓研究会の主催で
菜園作りワークショップ土作り・種蒔き編を開催しましたので、
その様子を報告します



RIMG3444.JPG

まずは、梅本農場の梅本さんの家に集合して
参加者のみんなで軽く自己紹介タイム


RIMG3445.JPG
梅本さんの家の前のハウスの見学
「このハウスは何年間か土作りをしているので、とってもいい土になってきてます。
今日はこれから、新しいハウスに行ってみんなで土作りをしましょう」 と梅本さん。

RIMG3447.JPGまずは土がよくなってきているハウスの観察です

いろんなハーブや草や野菜が育っていてなんだか気持ちがいいです
「ここは癒し空間ですね~」と参加した方


RIMG3450.JPG

そして、新しいハウスに移動
今は何も育てていない状態ということもありますが、
確かにさっきのハウスと違って、なんかさみしい感じです

RIMG3453.JPG

さあ、土づくり!
まずは、これ、竹炭です
この竹炭は、丹後の荒れた竹林を整備して出た竹を炭にしたもの

RIMG3452.JPG

土作り先生のみみず君から、竹炭効果の説明タイム

RIMG3456.JPG

みんなでせっせと 炭を撒きます

RIMG3457.JPG

うんしょ、うんしょ

RIMG3464.JPG

お次はこれ、カニの殻!
これは丹後のお宿でお客さんが食べたカニの殻です

カニ煎餅みたいないい香り


RIMG3465.JPG

これも撒きます

RIMG3469.JPG

うんせ、うんせ

RIMG3467.JPGこんな感じ

この後、落ち葉を撒きました
後で梅本さんが機械を使って土と混ぜて完成です
RIMG3479.JPG
ハウスのはじに、カツオ菜を発見


RIMG3472.JPG
ちょっと休憩して、梅本さんのお話タイム

RIMG3478.JPG

「春にでてくる、この先のところの花芽
ここには、冬の間に体に溜まった悪いもの(毒素?)を
排出してくれる苦い成分があるんですよ〜
この成分は山菜とかにも入ってるよ
だから、春に花芽や山菜を食べるのは、体にいいんだよ〜」


RIMG3473.JPG

ふむふむ、勉強になるな〜
どれどれ パク 苦〜い

RIMG3475.JPG

そして、今日、種蒔きをするお隣のハウスには
カニ殻と、落ち葉を撒きました

これも丹後の山の落ち葉です

竹も、カニも、落ち葉も全部自然にあるもの
梅本さんの畑は、海や山と繋がってるんですね

「食べても大丈夫なものしか、うちの畑には入れないんですよ〜
畑に入れるものは、全部、自分で食べてみて確認するんです」
と梅本さん


RIMG3483.JPGここで、ひと休み

お茶タイムです



RIMG3485.JPG

さあ、種蒔きです!
自分の撒きたい種を選んでね〜

RIMG3484.JPG

今日撒くのは、小松菜、小かぶ、春菊、ほうれん草の種と、ネギの苗です。

RIMG3487.JPG
梅本さんから蒔きかたの説明タイム
「虫さんが好きな小松菜と小かぶは畝の内側に
虫さんがあまり好きじゃない ほうれん草と春菊は外側に
その間に ネギを植えてください
そうやって、いろいろ一緒に育てることで、虫さんもあまりこないんですよ」

ふむふむ 

RIMG3495.JPG

さあ、種蒔き種蒔き!
RIMG3497.JPG
みんなでどんどん種を撒きます
みんなでやると、楽しいしあっという間に終わるんですよね

RIMG3499.JPG
ネギの苗を植えて、完了です!
RIMG3502.JPG
そして、各自のお弁当をひろげてお昼ごはんタイム!
梅本さんの奥さんが作ってくれた
梅本農場のお野菜たっぷりの美味しいお味噌汁もいただきました!
RIMG3505.JPG
そして、種蒔きが早く終わったので、
予定になかった、人参掘り掘り大会!
RIMG3509.JPG
掘ったど〜
RIMG3510.JPG
大漁だ〜!

RIMG3513.JPG

こんなかわいいミニ人参もあるよ!
RIMG3514.JPG
掘った人参は全てお土産という梅本さんの大サービス!

RIMG3516.JPG

人参掘りって楽しいですね!
RIMG3518.JPG
そして、公民館に移動して、有機農業を扱ったテレビ番組の鑑賞会
30年前から有機農業に取り組んでいた方のお話でした。
鑑賞会の後は、おやつタイム!
美味しいシフォンケーキをパクパクして
コーヒーや紅茶をいただきました
RIMG3519.JPG
今日は楽しかったですね〜
さっきのビデオの農家さんすごいね〜
などなどフリータイム
RIMG3521.JPG
そして最後の感想タイム
ひとりひとりに拍手です
パチパチパチパチ
RIMG3522.JPG
僕もいるよ
と、途中から参加の方や小さいお子さんも含めると
総勢25人の方が参加してくださいました
ありがとうございました!
みんなで竹炭やカニ殻を撒いた土がどうなっていくのか
みんなで撒いた種がどんなふうに育つのか
楽しみですね
次回は 5月12日に山に落ち葉を集めにいく
「もりもり編」を行う予定です
是非ご参加ください!

エコ技セミナー満員御礼!

こんにちは、またまた「田舎で働き隊」のK,Nです。
今年は雪が多かったようですね。
僕は生まれてからずっと東京暮らしだったので、丹後レベルの雪は初体験。
普段は、有機野菜農家の「梅本農場」さんで研修生させてもらっているのですが、
雪の中から大根や人参を掘り出すのは、なかなか骨の折れる作業です。
腰が痛い。。。
さて僕の今回の任務は、エコネット丹後が市内各地で開いている

2012-02-22 13.25.03.jpg

まずは開催場所の「久美浜町鹿野公民館」に到着。
入口のポストがいい味だしてますね。
さあ平日午後2時からのセミナーに何人の方が参加してくださるのかな?
2012-02-22 15.16.19.jpg
なんと24名もの地域の方が聞きに来てくださいました!
2012-02-22 13.58.13.jpg
まずは、O君から
・エコネット丹後がどんな団体なのか
・生ゴミ回収事業について
・生ゴミからでる液肥の利用方法
などについての説明です。
2012-02-22 14.01.54.jpg
今回初めて講師を担当したO君でしたが、
さすが、生ゴミ回収担当者!
現場を知っている人ならではの簡潔かつポイントを押さえた説明でした。
2012-02-22 14.12.52.jpg
続いては、M君から
・京丹後の森林、竹林の現状
・竹林の整備と竹の再利用
・たい肥の大切さ
などについてのお話です。
「さて問題です
京丹後全体の面積に占める森林率は次のどれでしょう?
1、5割 
2、7割
3、8割
みなさんどれだと思いますか?」
とさっそく京丹後クイズの出題です。
みなさんはどれだと思いますか?
答えは74%だそうです。 
ん、2と3の間ですね。。。
地域のみなさんはほぼ全員が2か3だったので正解でした。
その中で天然林が7割とのこと
ふむふむ勉強になります。
(ちなみに日本の森林率の平均が66%で
その中の天然林の割合が5割だそうなので、
京丹後は森林も多くて、天然林の割合も多い自然の豊かな地域なんですね。)
さらに、山や畑の表土がどんどん雨に流されている話
なんと世界で年間240億トンもの土が海に流れているとか!
数字が大き過ぎてピンときませんが、とにかくたくさんですね。
表土が流れるということは、栄養分も流れてしまって作物にもよくないし、
川も海も浅くなってしまうし、いろんなマズイことがあるとのこと。
なので、畑の表面の土が流れないように、たい肥を撒いたほうがいいです
という話でした。
などなど、ここには書ききれないいろんな勉強になる話を聞いているうちに
約1時間はあっという間過ぎていました。
M君の熱心な話ぶりが参加のみなさんにも伝わったのか
話が終わると、みなさんから暖かい拍手をいただきました。
2012-02-22 15.23.54.jpg
セミナーに参加してくれた方へのお土産は
お花と、竹粉たい肥です。
2012-02-22 15.24.10.jpg
用意したのが20セットだったため、何人かの方には
お花か竹粉のどちらになってしまいましたが、
皆さん喜んで持って帰ってくださいました。
満員御礼、大盛況のセミナーでした!
ありがとうございました!

荒れた竹林→美味しい野菜?

こんにちは、前回に引き続き田舎で働き隊のK,Nです。

 

今回は、昨年の12月にお手伝いした竹の粉砕作業のご報告です。

 

この日はとてもいい天気で、絶好の竹林整備日より! 

さあ、竹林整備するぞ〜! とやる気満々でM君と現場へ。

 

2011-12-14 10.19.54.jpg

現場に着いてみると、伐採された竹が山積みになっています。

 

またまた地味な予感が。。

 

しかし前回のお手伝いで、竹林整備がいろんな良いことに繋がることを知ったので

やる気満々継続!

 

山積みの竹をガンガン粉砕していくのがこの日の僕の仕事でした。

 

2011-12-14 11.37.18.jpg

こちらがこの日の主役の粉砕君(と僕が勝手にネーミング)

すごいパワーで竹を粉々にしてくれます。

 

2011-12-14 11.34.44.jpg

「さあ、今日も頑張ってくれよ! 粉砕君!」と話しかけるHさん。

 

2011-12-14 10.19.37.jpgのサムネール画像

さあ、竹を運ぶ人と、粉砕君に竹を入れる人に別れて作業開始です。

 

2011-12-14 11.36.42.jpg

僕と粉砕君

 葉っぱごと粉々にしてくれるので、とにかくどんどん入れてきます。

 

2011-12-14 10.20.31.jpg

山積みの竹も、粉々になるとすごく少ない量になるんです。

 

 この日作った竹粉は、現場の隣の畑でたい肥として使用するとのこと。

 

M君によれば、竹の粉は良質なたい肥になるそうで、

やっかいものだった荒れた竹林が、美味しい野菜に生まれ変わると思うと

荒れた竹林も捨てたものではないな、と思ったのでした。

竹林の整備から得られるもの

初めまして

「田舎で働き隊」として昨年の9月から京丹後市に赴任中のK,Nです。

 

僕の活動の1つがエコネット丹後のお手伝い。

 

昨年10月に竹の伐採のお手伝いをしたので、遅ればせながらその時のご報告です。

 

2011-10-28 15.47.57.jpg

現場に行くと緑の粉の山。これ、なんだと思います?

なんと竹の粉です。なんだか抹茶みたいないい香り。

触るとすごく暖かい、前の日に粉砕機で粉々にして積んでおいたものが

さっそく発酵して熱くなってるとのこと。


これって酵素風呂みたいに使えるのでは!などとはしゃぎつつ、さあ仕事です。

 

2011-10-28 15.48.23.jpg

さて、竹を切りましょう。

足の踏み場もないくらい竹が生えてます。

 

2011-10-28 16.03.00.jpg

まずはM君が見本を見せてくれます。

2011-10-28 16.03.41.jpg

竹を支えているのが僕。

 

2011-10-28 16.06.45.jpg

切った竹を運びだして。

 

2011-10-28 16.08.54.jpg

運びやすい長さに切り分けます。

 

さあ、僕も切るぞ〜

 

と思ったら、この日の僕の仕事は前日に切った竹の運搬でした。地味だな。。

 

この後、うんせ、うんせと竹を軽トラの荷台いっぱいに載せて、

竹を焼いて炭にするための場所まで運びました。

 

地味な作業でしたが、荒れていた竹林を整備すれば、

1、見た目がきれいになって、景観がよくなる

2、竹林に入りやすくなって、春になったら筍も収穫できるようになる

3、枯れた竹が突然倒れてきたりしなくなる

4、切った竹を粉にしてたい肥にしたり、焼いて炭にすればいろいろな用途に使える


と、美、食、安全、再利用といろんな良いことに繋がっていくとM君から教わって、そんなに良いことがあるなら、またやりたい!と思ったのでした。

1.18(水)エコ技セミナー 筆石区

1月18日(水)丹後町筆石区にて「田舎でできるエコ技セミナー」を開催しました。

P1050126.JPG

筆石区は京丹後市の「生ゴミ資源化モデル実証事業」で可燃ごみと生ゴミの分別

に取り組んでおられます。

P1050125.JPG

モデル事業取り組みの様子や、生ゴミに混ざっている混入物の説明、

また、生ゴミ以外の未利用資源も含め、丹後にはたくさんの資源があることから

山の資源の利用についてもお話しました。

 

P1050133.JPG

*サロン活動や公民館活動で「エコ技セミナー」を利用してみたい地区を募集しています。

参加された方には可愛いお花の苗2ポットと丹後の竹を粉にした竹粉サンプルを差し上げます。

丹後の資源をお花作りや野菜作りに利用してみませんか?

 

11月エコネット定例会議

毎月行われているエコネット定例会議。

通常は毎月8日に行われているんですが、11月は諸々の事情で23日に・・・。

現在継続中の事業報告や、新規事業提案などなど、

会議内容は毎回てんこ盛り(*^_^*)

各役員、スタッフさんの熱い想いもあり・・・遅くまで会議が続きます。

 

                    DSC_0133

BDFで農作業

バイオディーゼル燃料を農機具に使ってもらっています

京丹後市網野町郷の松本さんです。

 

mini_P1160780.jpg

稲刈りをした後の田んぼで、切り株(?)をさらに刈っておられました。

mini_P1160776.jpg

名水で有名な網野町切畑方面に進んで小高くなったところが松本さんのたんぼです。

とても静かです。きっと水も空気もとても澄んでいるのでしょう。

そして、この道は何と!「参勤交代の道」だそうです。

あ、でも参勤交代ってのは各地の大名が江戸に行ったり帰ったりする事じゃなかったかな、、、

わざわざこの道を通って江戸に?

それともいわゆる丹後の中での参勤交代のようなもの、って意味で

峰山のお城に向かう道だったのか?

と、関係ない事を気にしながらふと振り返るとそこには「西山のテレビ塔」が。

(写真見にくいですが画面の左端の方です)

mini_P1160789.jpg

テレビ塔がこの角度でこんなに低く見えるなんて。

位置関係をよく考えてみると峰山のお城は案外近いかも。

やっぱりこの道はお城に続く道なのでしょう。

mini_P1160788.jpg 猫に見えるお地蔵様。

 

秋の山と秋の野菜

先週は丹後町筆石区内にて、

mini_P1040477.jpg

今週は峰山町荒山区内にて、山を整備し竹や雑木を粉化しました。

mini_P1040554.jpg

うっそうとした竹林が見違えるように明るくなりました。

粉化したものは堆肥の原料になります。詳細は追ってご報告いたしますのでお楽しみに。

 

 

さて、秋のお野菜が美味しい季節になりました。

梅本農場さん(エコネット丹後メンバーの梅ちゃんとこです)

のお野菜で色々作りました。

111022_0809~01.jpg

無農薬の有機野菜がとっても体に良いのは当たり前ですが

皮や根っこも食べられるので、野菜くずが全く出ません。

111023_0655~01.jpg

↑小かぶは半分に切ってじくごと柔らかく煮ました。葉っぱも浅漬けで。

こちらは↓ほうれん草とニンジンの葉っぱのおひたし。ほうれん草は根っこまで柔らかくて美味しいです。

赤紫色に見えるのは、生でサラダとして食べられるほうれん草です。

mini_CA3J0013.jpg

体に良いお野菜を食べると、ゴミも減ります。

全て適量で料理をするのでレシピをご紹介できなくてすみません、、、、。

とりあえず、味見とつまみ食いをしながら適当クッキングスタート。