京都府環境にやさしい農業推進コンクールで、梅本農場が京都府知事賞受賞!!

どうも上田です。

秋から冬への足音が徐々に近づいているなぁと感じています。
またそろそろ雪が降ってくる時期になってきました。
さてタイトルにもあるように
エコネット丹後監事の監事の梅本さんの梅本農場が
京都府環境にやさしい農業推進コンクール
京都府知事賞
受賞しました。

おめでとうございます。

京都府環境にやさしい農業推進コンクールとは
環境保全と農業に対する府民の理解を深める
事と
有機農業など環境にやさしい農業に取り組む農業者さんの拡大を図る
活動のことです。
img075.jpg
(広報きょうたんご11月)
よかったら読んでみてください。
以上 上田でした。

プチ京丹後クリーン作戦

先月第3回の京丹後クリーン作戦中止後、スタッフでゴミ拾いしたり(ゴミ袋9袋分)

別の機会にゴミを拾ったり、11月とある海岸の清掃作業に参加させて

いただいたりしましたが・・・ん~なかなかなくならないですね~ポイ捨てゴミ。

DSC_0024DSC_0031

DSC_0028DSC_0030

ジュースの空き缶、スーパー、コンビニのレジ袋に入った弁当、たばこの吸い殻などなど…。

この写真は大宮町水戸谷峠付近の写真ですが、ゴミを拾ってもすぐに(以前ほどではないですが)、

ゴミがポイ捨てされています。

ドライバーの皆さん、ゴミのない美しい丹後路を守っていただくようポイ捨てはやめてくださいね!!

ゴミはゴミ箱か、持ち帰っていただくようにお願いします!!

食育の日―地元の食材が、学校給食に―

どうも上田です。

いや~
秋ですね。
皆さんはどんな秋を想像しますか?
スポーツの秋・読書の秋色々あると思います。
僕は食欲の秋です・・・。
秋は、食材も豊富で、旬の野菜や果物、魚色々もう想像しただけでよだれが・・・。
あっ!話が脱線しました。
すいません。
さてさて、食欲の秋にちなんで。
11月7日は食育の日
京丹後市産の新米・野菜・魚を使った給食が
京丹後市の小中学校で実施されました
食育の日とは
市農業経営者会議(会長はエコネット丹後理事長の野木さん)
市の教育委員会
連携し
「丸ごと京丹後食育の日」
と名付け
1年に1度実施しているそうです。

ukawa1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

(この写真は2年前のものです)
毎年京丹後市で栽培された野菜が使われるのですが
今年は
台風の影響で、白菜だけ市外産を使ったそうです。
弥栄町の黒部小学校では、
地元で有機栽培で野菜を作っている
エコネット丹後の監事
梅本さんが児童と
一緒に給食を食べた。
梅本さんは小松菜・ゴボウ・九条ねぎを提供し、
「太陽と雨の恵みで米や、野菜ができます。」
「おいしかったらおいしいと言ってください。そうしたら明日からもがんばろうと思えます。」
と話しておられました。
作った野菜が子どもたちが
「おいしい」
言ってくれる
その一言が
頑張り・励ましの言葉
ように聞こえます。
農家さんには嬉しい言葉ですね。
では
以上 上田でした。
またご覧ください。
(記事は11月7日の毎日新聞です。)

mini_img074.jpgのサムネール画像