エコ技セミナー満員御礼!

こんにちは、またまた「田舎で働き隊」のK,Nです。
今年は雪が多かったようですね。
僕は生まれてからずっと東京暮らしだったので、丹後レベルの雪は初体験。
普段は、有機野菜農家の「梅本農場」さんで研修生させてもらっているのですが、
雪の中から大根や人参を掘り出すのは、なかなか骨の折れる作業です。
腰が痛い。。。
さて僕の今回の任務は、エコネット丹後が市内各地で開いている

2012-02-22 13.25.03.jpg

まずは開催場所の「久美浜町鹿野公民館」に到着。
入口のポストがいい味だしてますね。
さあ平日午後2時からのセミナーに何人の方が参加してくださるのかな?
2012-02-22 15.16.19.jpg
なんと24名もの地域の方が聞きに来てくださいました!
2012-02-22 13.58.13.jpg
まずは、O君から
・エコネット丹後がどんな団体なのか
・生ゴミ回収事業について
・生ゴミからでる液肥の利用方法
などについての説明です。
2012-02-22 14.01.54.jpg
今回初めて講師を担当したO君でしたが、
さすが、生ゴミ回収担当者!
現場を知っている人ならではの簡潔かつポイントを押さえた説明でした。
2012-02-22 14.12.52.jpg
続いては、M君から
・京丹後の森林、竹林の現状
・竹林の整備と竹の再利用
・たい肥の大切さ
などについてのお話です。
「さて問題です
京丹後全体の面積に占める森林率は次のどれでしょう?
1、5割 
2、7割
3、8割
みなさんどれだと思いますか?」
とさっそく京丹後クイズの出題です。
みなさんはどれだと思いますか?
答えは74%だそうです。 
ん、2と3の間ですね。。。
地域のみなさんはほぼ全員が2か3だったので正解でした。
その中で天然林が7割とのこと
ふむふむ勉強になります。
(ちなみに日本の森林率の平均が66%で
その中の天然林の割合が5割だそうなので、
京丹後は森林も多くて、天然林の割合も多い自然の豊かな地域なんですね。)
さらに、山や畑の表土がどんどん雨に流されている話
なんと世界で年間240億トンもの土が海に流れているとか!
数字が大き過ぎてピンときませんが、とにかくたくさんですね。
表土が流れるということは、栄養分も流れてしまって作物にもよくないし、
川も海も浅くなってしまうし、いろんなマズイことがあるとのこと。
なので、畑の表面の土が流れないように、たい肥を撒いたほうがいいです
という話でした。
などなど、ここには書ききれないいろんな勉強になる話を聞いているうちに
約1時間はあっという間過ぎていました。
M君の熱心な話ぶりが参加のみなさんにも伝わったのか
話が終わると、みなさんから暖かい拍手をいただきました。
2012-02-22 15.23.54.jpg
セミナーに参加してくれた方へのお土産は
お花と、竹粉たい肥です。
2012-02-22 15.24.10.jpg
用意したのが20セットだったため、何人かの方には
お花か竹粉のどちらになってしまいましたが、
皆さん喜んで持って帰ってくださいました。
満員御礼、大盛況のセミナーでした!
ありがとうございました!

荒れた竹林→美味しい野菜?

こんにちは、前回に引き続き田舎で働き隊のK,Nです。

 

今回は、昨年の12月にお手伝いした竹の粉砕作業のご報告です。

 

この日はとてもいい天気で、絶好の竹林整備日より! 

さあ、竹林整備するぞ〜! とやる気満々でM君と現場へ。

 

2011-12-14 10.19.54.jpg

現場に着いてみると、伐採された竹が山積みになっています。

 

またまた地味な予感が。。

 

しかし前回のお手伝いで、竹林整備がいろんな良いことに繋がることを知ったので

やる気満々継続!

 

山積みの竹をガンガン粉砕していくのがこの日の僕の仕事でした。

 

2011-12-14 11.37.18.jpg

こちらがこの日の主役の粉砕君(と僕が勝手にネーミング)

すごいパワーで竹を粉々にしてくれます。

 

2011-12-14 11.34.44.jpg

「さあ、今日も頑張ってくれよ! 粉砕君!」と話しかけるHさん。

 

2011-12-14 10.19.37.jpgのサムネール画像

さあ、竹を運ぶ人と、粉砕君に竹を入れる人に別れて作業開始です。

 

2011-12-14 11.36.42.jpg

僕と粉砕君

 葉っぱごと粉々にしてくれるので、とにかくどんどん入れてきます。

 

2011-12-14 10.20.31.jpg

山積みの竹も、粉々になるとすごく少ない量になるんです。

 

 この日作った竹粉は、現場の隣の畑でたい肥として使用するとのこと。

 

M君によれば、竹の粉は良質なたい肥になるそうで、

やっかいものだった荒れた竹林が、美味しい野菜に生まれ変わると思うと

荒れた竹林も捨てたものではないな、と思ったのでした。

竹林の整備から得られるもの

初めまして

「田舎で働き隊」として昨年の9月から京丹後市に赴任中のK,Nです。

 

僕の活動の1つがエコネット丹後のお手伝い。

 

昨年10月に竹の伐採のお手伝いをしたので、遅ればせながらその時のご報告です。

 

2011-10-28 15.47.57.jpg

現場に行くと緑の粉の山。これ、なんだと思います?

なんと竹の粉です。なんだか抹茶みたいないい香り。

触るとすごく暖かい、前の日に粉砕機で粉々にして積んでおいたものが

さっそく発酵して熱くなってるとのこと。


これって酵素風呂みたいに使えるのでは!などとはしゃぎつつ、さあ仕事です。

 

2011-10-28 15.48.23.jpg

さて、竹を切りましょう。

足の踏み場もないくらい竹が生えてます。

 

2011-10-28 16.03.00.jpg

まずはM君が見本を見せてくれます。

2011-10-28 16.03.41.jpg

竹を支えているのが僕。

 

2011-10-28 16.06.45.jpg

切った竹を運びだして。

 

2011-10-28 16.08.54.jpg

運びやすい長さに切り分けます。

 

さあ、僕も切るぞ〜

 

と思ったら、この日の僕の仕事は前日に切った竹の運搬でした。地味だな。。

 

この後、うんせ、うんせと竹を軽トラの荷台いっぱいに載せて、

竹を焼いて炭にするための場所まで運びました。

 

地味な作業でしたが、荒れていた竹林を整備すれば、

1、見た目がきれいになって、景観がよくなる

2、竹林に入りやすくなって、春になったら筍も収穫できるようになる

3、枯れた竹が突然倒れてきたりしなくなる

4、切った竹を粉にしてたい肥にしたり、焼いて炭にすればいろいろな用途に使える


と、美、食、安全、再利用といろんな良いことに繋がっていくとM君から教わって、そんなに良いことがあるなら、またやりたい!と思ったのでした。